読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンティー

Porter Classicから初リリースとなるダッフルコート。
 
f:id:hynm_porter_classic:20141019024732j:plain
f:id:hynm_porter_classic:20141019024800j:plain
 
今期のアイテムの中でも強い存在感を放つ至極の逸品。
 
そして個人的に強い思い入れがあるアイテム。
コートが昔から大好きでして、、、
 

そもそもダッフルコートを知らない人はいないだろうけど

ダッフルコートの歴史に関しては、知らない人も多いはず。

duffle coat
オーバーコートの一種。
起源は、北欧の漁師の仕事着。
第二次世界大戦時、イギリス海軍で防寒着として広く使用され
その余剰在庫品が大戦後に市場に出回ったことで一般化したと言われてます。
 

特に世に知らしめたのは

かの有名な

モンゴメリー将軍」

モンティの愛称で知られるイギリス陸軍元帥バーナード・モンゴメリーは

僕の中では「Mr.ダッフルコート」

フランス北部の海岸における撤退作戦の際にも

現地の漁師にもらったダッフルコートにコーデュロイパンツを履いて指揮を取っていたと言われています。

まあ話がそれそうですので、戻します。

将軍の着こなし

それは極めてオーバーサイズ。

寒さをしのぐ為に配慮された必然の着こなしがかっこいい。

 

f:id:hynm_porter_classic:20141019025440j:plain
 
 
f:id:hynm_porter_classic:20141019025515j:plain
 
 
f:id:hynm_porter_classic:20141019025535j:plain
 

んー。やはりド級

そして他にも着こなし写真。

 

f:id:hynm_porter_classic:20141019030024j:plain
 
 
f:id:hynm_porter_classic:20141019030100j:plain
 
 
ダッフルコートを楽しめる映画は以下

 

どんな理由でどんな環境で洋服を着るか

自分がどうしたら楽しいか

僕はいつもそんなことを考えてます。

 

さて、Porter Classicの剣道ダッフルコート。

シンプルで潔いデザインでありながら、手袋をしたままでも容易に着用可能な機能性も兼ね備え、アクセントになる麻縄と水牛のトグルによる留め具の仕様。

シルクを使用した裏地の高級感と肌触りの良さ。

そして何よりも、ブランドを代表する剣道生地はスビンゴールドコットンを100%使用したオリジナル。

f:id:hynm_porter_classic:20140209172541j:plain

 

他にはない絶対的な存在感、高級感があります。

ステンカラー、チェスター、トレンチ

様々な形があるコートにおいて

ダッフルコートは、例外でオーバーサイズが僕の気分。

膝上の絶妙な着丈とリラックスした袖丈

全身をがっぽりと覆うようなサイジング。

インナーに着込んでも、ジャケットの上から羽織っても

窮屈に感じないサイズ感が気持ちいい。

野暮ったいのが丁度いい。

最高級の素材とクラシックなシルエット。

イメージはあくまで

「外套」

粋に着こなし、街中を颯爽と練り歩く。

時代を超えて愛されるデザインは

時代を超えて次の世代に受け継がれていく。

是非ともショップでお試しください。

f:id:hynm_porter_classic:20141019124541j:plain

 モンゴメリー河内