真髄

今日は、少し真面目なお話。

Porter Classicを代表する素材

それは剣道着アイテム。

f:id:hynm_porter_classic:20141217001538j:plain

言うまでもなく

ブランド設立時から展開を続け

絶対的な自信を持って

リリースしているアイテム。


僕がPorter Classicに入社したきっかけ。


今日は、その背景をお話させて頂きます。

そもそもなぜ剣道着を選んだのか?


理由は克さんからお伺いしました。


Porter Classic設立前

旅の途中

ボストン郊外のマーケットにて

ボロボロの剣道着を発見。


日本では気付けなかった

日本の生地。


素晴らしい風合いと生地感。


これを洋服やカバンに落とし込んだら、、、

という着想から生まれ

それから生産背景に2年を費やした本シリーズ。


すでにわくわくしますが

ここからが凄いです!


道着を制作するうえで

世界最高級の

スビンゴールドコットンを使用。


紡績を行い

インディゴの先染め糸から機織り行い

3日で織れる生地は

わずか25m。


これをどう考えるか。


生産性は非常に悪く

機織機とにらめっこしながら

最高の職人さんが手掛けて生みだされる



初めて触れた時

肌触りの良さに驚きます。


袖を通した時

気持ち良さを実感します。


ハードに着用しても

5年〜10年

平気で着れる強度があります。


馴染む程に愛着が沸き

ボロボロになる頃には

手放せなくなる。


次の世代へ受け継がれ

大切にされていく

一生モノ。


洋服好きには

慣れ親しんだ

この言葉。


Porter Classicの剣道着

これこそは

孫の代まで受け継がれる


銘品ではないかと

僕は確信しています。

f:id:hynm_porter_classic:20141217001611j:plain

f:id:hynm_porter_classic:20141217001626j:plain

f:id:hynm_porter_classic:20141217001641j:plain

f:id:hynm_porter_classic:20141217001709j:plain

f:id:hynm_porter_classic:20141217001728j:plain

まずはお店で試してみてください。

試着はタダです。


1年の締めくくり

自分自身にご褒美を。


Porter Classic
河内