読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy Tuesday

皆様、こんばんは。





先日、名古屋にあるjazz喫茶なる所に行ってきました。

店内にはjazzが流れレコードが所狭しと並んでいる落ち着きのある空間でした。


f:id:hynm_porter_classic:20160712234320j:plain



コーヒーで一息入れつつ、jazzに耳を傾けていると…


流れているのは僕の十八番『マイルス・デイビス』ではありませんか。


f:id:hynm_porter_classic:20160712234359j:plain


店内に流れていたのはマイルスの中でも最高の名盤であるこちら。





 グラミー賞の最優秀ジャズ・インストゥル メンタル・パフォーマンス・ソロ部門を受賞しております。





<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4qoNZnWcb7M" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>




うんうん、冒頭から痺れます。

当時のジャズ評論家からは酷評だったとかの裏話はありますが僕の一番好きな音源です。





今日はそんな音楽に纏わるアイテムをご紹介させて下さい。


f:id:hynm_porter_classic:20160426140312j:plain

P.C hand paint border t-shirt ¥25,000+tax





一点一点それぞれ異なる表情を見せてくれます。


そして、なんと言っても胸元の『BEATNIK』がポイントです。

f:id:hynm_porter_classic:20160712234441j:plain


『ビートニク』


ビートニクとは「ビート族」と呼ばれ1950年代のカルチャーの最先端をいった若者たちの文化を意味しています。

当時の若者にとって、最もヒップな音楽はその頃絶頂期を迎えていたモダン・ジャズで、その内の一人に巨匠マイルス・デイビスもいるんです。


f:id:hynm_porter_classic:20160712234500j:plain


そんなバックボーンを感じるアイテムでございます。






f:id:hynm_porter_classic:20160712234516j:plain


首元スッキリ、Vネックタイプもご用意しております。






夏本番。

最高のt-shirtは手に入れましたか?






まだという方。

もう手に入れた方。





まさにt-shirtの金字塔。

是非、一度店頭にてお試し下さいませ。





最後にjazz界の金字塔。


<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/jHQaUNeErVM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>






明日は水曜日。
ノー残業デー。

明日も頑張りましょう。








愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28-12


大名古屋ビルヂング2F


Porter classic 名古屋  


TEL 052-414-6651